1. English
  2. Japanese /

トップページへ Press Release / Topics Skeed、IBM Power Systemsベースの大容量・高速データ伝送アプライアンスのエ...

Skeed、IBM Power Systemsベースの大容量・高速データ伝送アプライアンスのエンハンスを発表 ~Power8搭載に伴い、FTPの約80倍の実測値を計測~

2014.11.27

独自のネットワークソリューションを開発・販売する株式会社Skeed(スキード)(本社:東京都目黒区、代表取締役 CEO:明石 昌也、以下Skeed)は、このたび大容量・高速データ伝送ソフトウェア「SilverBullet」を IBM サーバ「Power Systems」に組み込んだアプライアンス製品をエンハンス(性能・機能の拡張)し、「SilverBullet Powered by LoP」として発売開始しました。

【発表の概要】

ビッグデータや IoT といったキーワードが一般社会に浸透しつつある今日、企業の IT インフラに求められる機能には大きく 2 つの変化が認められます。1つは従来の基幹系ではない、情報系のソリューションであるビッグデータ基盤に対する堅牢性の向上要求。

そしてもう1つはデータ量の爆発的増加に伴う高速処理能力の要求です。しかし、安価な PC サーバーのクラスタ構成による対応策では堅牢性に対する不安はもとより、データセンターのスペースや電力消費量、ソフトウェアライセンス料などの制約からおのずと限界があります。

IBM の開発したプロセッサーPOWER8 を搭載した Power Systems は、こうした新たな課題に対応したスケールアウトモデルの高性能マシンであり、同時実行スレッド数※196、x86 サーバーの 82倍の処理性能を有します。このたびSkeedが発売開始したアプライアンス製品「SilverBullet Powered by LoP」は、このハードウェアスペックを持つ Linux サーバ「Linux on Power」に、Skeedが独自開発した大容量・高速データ伝送ソフトウェア「SilverBullet」を組み込んだもので、今年 1 月 17 日に発表した POWER7 搭載モデルのエンハンス製品として位置付けられます。

power8検証図 - コピー

その転送性能は POWER8 の高度なネットワーク処理能力と SilverBullet のベストマッチングを示すもので、同時転送数が増えてもリニアに性能が向上します。FTP との比較でも、例えば 4GB のファイルを 50 ミリ秒の RTT(遅延)、パケット損失率 1%という近隣アジア諸国との間でよくみられる回線状況下で 4GB のファイル転送を行った結果、約 80 倍もの高速性を発揮しています。Skeedは本アプライアンスにより、今後、更なるエンタープライズにおける大規模なデータ伝送の課題解消向けて積極的に貢献してまいります。
※1:同時実行できるプログラムの数

【SilverBullet Powered by LoPの概要】

Polinux写真 - コピー アプライアンス仕様表(POWER8用) - コピー

※価格はオープン価格となります

■SilverBullet PowerLinux Appliance 取扱いパートナー(五十音順)
株式会社アイ・ユー・ケイ
株式会社アルゴグラフィックス
デジタルテクノロジー株式会社
ほか

「SilverBullet Powered by LoP」のアプライアンス発表について、パートナー様からエンドース・コメントを頂戴いたしましたので、ここにご紹介させていただきます。(会社名団体名50音順)

>株式会社アイ・ユー・ケイ 取締役 営業本部長 蔵島 隆 氏のコメント:

「Skeedが日本IBMと協力し、高信頼サーバである『Linux on Power』と大容量・高速データ伝送ソフトウェア『SilverBullet』との検証・チューニングなど最適化を図り、FTP比80倍もの優れた高速転送性能を示したことは、その最先端テクノロジーをエンタープライズ企業に向けて導入推進していく上で、極めて有意義なことといえます。当社としましても、その拡販に積極的に取り組んでまいります」

株式会社アルゴグラフィックス SI事業本部 第三事業部 事業部長 座間 清 氏のコメント:

「このたび、Skeedが大容量・高速ファイル転送ソフトSilverBulletのエンタープライズ向けアプライアンスをさらに機能向上させた『SilverBullet Powered by LoP』をリリースされたことは、当社の主要顧客である大手製造業にとって、ビッグデータ、M2M、IoTといった新たなソリューションを実現する上で大きな意味を持つものです。当社としましても、これまで以上に積極的に提案してまいります」

■SilverBullet製品に関するお問い合わせ

株式会社アイ・ユー・ケイ 営業本部 首都圏営業事業部 第一営業部
お問い合わせ先 03-5348-7170
iuk_s1@iukinc.co.jp

株式会社アルゴグラフィックス SI第3事業部
お問い合わせ先 03-5641-2007 (各種ご相談窓口)
info@argo-graph.co.jp

デジタルテクノロジー株式会社 営業部 商品企画課 Skeed担当
お問い合わせ先 03-5604-7801
acspln@dtc.co.jp
または、Skeed営業部:TEL:03-5487-1033または(ssb@skeed.co.jp)まで

【SilverBulletについて】

Silver Bulletは、長距離通信や回線品質の劣化に伴い伝搬遅延を来すという、TCPの欠点を克服するため、コンテンツデリバリーやファイル転送に特化した独自プロトコル“SkeedSilverBulletProtocol”を実装した高速データ伝送ソフトウェア製品です。他の通信と公平に共存しつつ、通信距離やファイル容量を気にすることなく、FTPの数十倍といった大容量高速ファイル転送を実現します。

・Skeed 製品サイト:http://www.skeed.jp/product/
・SilverBullet 動画サイト:http://www.skeed.jp/movie/

■ 株式会社Skeedについて:http://www.skeed.co.jp

Skeedは2005年設立以来、分散コンピューティング分野における卓越したノウハウ・技術力を活かし、独自アーキテクチャーによる安全・確実かつ高速な通信基盤技術開発で市場を牽引しています。クラウドコンピューティング、ビッグデータ時代のデータ通信の大容量化・ユビキタス化・グローバル化といったニーズを先取りした、効率と信頼性に優れたファイル配信・保管、大容量・長距離でのセキュアなデータ転送基盤を実現し、急速に拡大するクラウドコンピューティング市場に対して代替不可能な価値を提供しています。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、POWER8は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。PowerLinux is a trademark of International Business Machines Corp. The registered trademark Linux is used pursuant to a sublicense from LMI, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社 Skeed  広報担当:松岡
TEL:03-5487-1032 E-mail:pr@skeed.co.jp
このページをシェアしますか?