トップページへ FAQ

SkeedSilverBullet FAQ

Q01. 転送中のセキュリティはどうなっていますか?

A01. Deffie-Hellman鍵合意アルゴリズムによって128ビットの暗号鍵を合意し、AESアルゴリズムによって通信内容を暗号化しています。そのため、インターネット上の通信を傍受された場合でも情報漏えいの 心配はございません。

Q02. UDPブラスターの様に他の通信に影響がありますか?

A02. 独自の動的帯域制御アルゴリズムを搭載しており、同一の通信経路を利用する他の通信が存在する場合には、他の通信に対して自動的に帯域幅を譲ります。そのため一般業務がSilverBulletのファイル転送に よって妨害されるということはございません。

Q03. CPUは低スペック x 多コアと高スペック x 少コアならどちらがいいですか?

A03. 1セッション内での転送に限って言えば高クロックのシングルコアが有利となりますが、複数セッションで、同時転送ファイル数が多い場合は、マルチコアが有利となります。推奨スペックとしてはサーバーでインテルXeonプロセッサー2.4GHz相当、クライアントではインテルPentium4 3.00GHz相当以上となります。

Q04. メモリを多く積んだほうが速くなりますか?

A04. なりません。
推奨RAMサイズはサーバーで2GB以上、クライアントで1GB以上です。

Q05. クラウド環境でも利用できますか?

A05. はい、クラウド上のサーバーに対してSilverBulletをインストールしてご利用頂く事が可能です。Amazon EC2/NiftyCloud/IIJ GIO等の各種クラウド事業者での動作実績がございます。

Q06. クラウドストレージは利用できますか?

A06. はい、ご利用可能です。
現在、Amazon S3とNiftyCloudStrageに対応しております。

Q07. 対応OSはなんですか?

A07. 対応OSは以下の通りです。
サーバー: Linux(RedHadEL5以降/CentOS5以降)、MacOSX(10.5Leopard以降)、Windows(Server 2003以降) GUIクライアント: Linux(非対応)、MacOSX(10.5 Leopard以降)、Windows(XP以降) CLIクライアント: Linux(RedHadEL5以降/CentOS5以降)、MacOSX(10.5 Leopard以降)、Windows(XP以降)

Q08. SilverBulletを使ったらLAN内でも高速になりますか?

A08. SilverBulletは、遅延が大きかったりパケット損失が多い経路において、TCPのような性能の劣化を防ぎ、高速な転送を実現する製品となります。したがって同一LAN内のような、遅延もパケット損失もない好条件な環境下においてはTCPでの転送性能を越える事はありません。

Q09. VPNでも使えますか?

A09. はい、ご利用可能です。ただしSSL VPNでは効果が出ない可能性があります。

Q10. SilverBulletに適した環境はどのような環境ですか?

A10. RTT(伝送遅延)が大きく、パケット損失率が高い環境において、TCPのような大幅な速度低下をすることなく、 高速に転送することが可能です。

Q11. SilverBulletが適さない環境はどのような環境ですか?

A11. RTT(伝送遅延)が小さく、パケット損失率が低い環境において、TCPと比較して効果的な転送は行えません。

Q12. 10Mbpsのような狭帯域でも高速に転送可能ですか?

A12. FTPやCIFSのようなTCPによる通信で十分に速度が出ていない場合は、10Mbps以下の狭帯域でもSilverBulletによる高速転送は可能です。

Q13. 転送時に圧縮はしていますか?

A13. 圧縮はしておりません。

Q14. 同一ファイルやパケット単位のキャッシュ機構はありますか?

A14. 本製品は、キャッシュのような一般的な方法では効率化を実現できないファイル転送シナリオにおける高速化を実現するものです。そのため、キャッシュ機構は設けておりません。

Q15. テザリング環境でも速度はでますか?

A15. 3GやLTEなどの4G回線は、帯域幅は細いですが、比較的RTTが大きくパケット損失率も高い環境になりまので、一般的なTCPを利用した転送に比べて高速な転送を行うことが可能です。

SkeedFileMessenger FAQ

Q01. SkeedFileMessengerとは何ですか?

A01. Web画面とメール通知により、大容量、多数のファイルを高速・簡単に送達(デリバリー)するためのソフトウェア製品・Webサービスです。提供形態はパッケージ版、クラウド版の2種類ございます。

Q02. SkeedFileMessengerは何に役立ちますか?

A02. 例えばこれまで、メール添付では大きすぎて分割送信したり、送信をあきらめていたファイルを、メール添付の感覚のまま送信出来るようになります。 また、物理搬送していた大容量データをインターネットを使用して高速かつ安価にやりとりしたり、 本部で作成した資料を世界各地の拠点に配布するなど、PC間で大容量データの送受信が必要なあらゆる作業の時間短縮やコストカットに効果を発揮します。

Q03. なぜ高速にファイル転送できるのですか?

A03. ネットワーク通信に弊社独自の高速プロトコルSSBP(特許第5152940号)を使用しております。

Q04. ファイルだけでなくディレクトリ(フォルダ)もデリバリーできますか?

A04. はい。SkeedFileMessengerは、デリバリー元として指定されたディレクトリの中にあるファイルやサブディレクトリの階層構造を保ったままデリバリーします。(高速モードご利用の場合。)

Q05. 何個のファイルをデリバリーできますか?

A05. 推奨動作環境上であれば、数千個程度のファイルをデリバリーすることができます。(高速モードご利用の場合。) ただし、具体的な限界値は動作環境によって変わります。

Q06. どれ位のサイズのファイルをデリバリーできますか?

A06. デリバリー対象のファイルのサイズには制限がありませんので、どんなサイズのファイルでもデリバリーすることができます。(高速モードご利用の場合。)

Q07. セキュリティは大丈夫ですか?

A07. はい。デリバリー対象のファイルデータは転送時に暗号化されます。(高速モードご利用の場合。)

Q08. 中断したデリバリーを途中から再開することはできますか?

A08. はい。デリバリーをキャンセルするなどして中断した場合、履歴画面からファイルのデリバリーを再開可能です。

Q09. デリバリーの開始や完了を通知してもらいたいのですが。

A09. デリバリーの開始時・完了時に、利用者のメールアドレスに通知メールが送信されます。また、履歴画面からデリバリーの進行状況を見ることができます。

Q10. 他の人にファイルのアップロードを依頼したいのですが。

A10. 「ファイル収集機能」によりメールでアップロードを依頼できます。

Q11. 他のソフトウェアと組み合わせることはできますか?

A11. デリバリー・ファイル収集を自動化可能な外部連携API機能がございます。 SkeedFileMessengerはデリバリー元やファイル収集先として、サーバにマウントされたディスクを指定可能です(ダイレクトサーブ機能・ダイレクトレシーブ機能)。 組み合わせたいソフトウェアがそのディレクトリを操作することができれば、組み合わせることができます。

Q12. Macでも使えますか?

A12. はい。Mac、Windowsでご利用頂けます。

Q13. Linuxサーバでも使えますか?

A13. サーバはLinux版もご用意しております。

Q14. 試しに使ってみることはできますか?

A14. 試用版ライセンスやアカウントをご用意しておりますので、製品ページの「お試し・お問い合わせ」からお気軽にご請求ください。

SkeedSync FAQ

Q01. SkeedSyncとは何ですか?

A01. 復数のPCやサーバーの間で、ディレクトリ(フォルダ)の内容を高速・簡単に同期するためのソフトウェアシステムです。

Q02. SkeedSyncは何に役立ちますか?

A02. 例えばこれまで物理搬送していた大容量データをインターネットを使用して高速かつ安価にやりとりしたり、 本部で作成した資料を世界各地の拠点に配布するなど、PCやサーバー間でデータの送受信が必要なあらゆる作業の時間短縮やコストカットに効果を発揮します。 また、重要データを定期的に遠隔地にバックアップするなど、災害対策に活用することもできます。

Q03. なぜ高速に同期できるのですか?

A03. 以下の3つの仕組みにより、高速同期が実現されています。 1.ネットワーク通信に弊社独自の高速プロトコルSSBP(特許第5152940号)を使用しております。 2. 前回同期時点からの変化分を自動的に検知して、必要な分だけを送信します。 3.必要に応じて、送信データの圧縮や展開を自動的に行います。

Q04. ファイルだけでなくディレクトリ(フォルダ)も同期できますか?

A04. はい。SkeedSyncは、同期元として設定されたディレクトリの中にあるファイルやサブディレクトリの階層構造を保ったまま同期します。

Q05. 何個のファイルを同期できますか?

A05. 推奨動作環境上であれば、約一千万個までのファイルを同期することができます。ただし、具体的な上限値は動作環境のスペックによって変わります。

Q06. どれ位のサイズのファイルを同期できますか?

A06. 同期対象のファイルのサイズには制限がありませんので、どんなサイズのファイルでも同期することができます。

Q07. セキュリティは大丈夫ですか?

A07. はい。同期対象のファイルデータを暗号化した上で送信するようにワンクリックで設定することができます。

Q08. ファイルの属性情報も同期できますか?

A08. はい。Windows版ではファイルやフォルダの所有者、ユーザー毎の各種アクセス許可/拒否、更新日時を同期するように設定することができます。 Linux版ではファイルやディレクトリの所有者とグループ、アクセス権、最終更新日時を同期するように設定することができます。

Q09. 中断した同期を途中から再開することはできますか?

A09. はい。大きなサイズのファイルを同期中にキャンセルするなどして中断した場合、次回同期時には途中からファイルの同期を再開します。

Q10. 同期対象のディレクトリ(フォルダ)の内容を変更したら即座に同期するようにできますか?

A10. はい。同期スケジュールとして「ホットディレクトリ」をご選択頂くと、同期元のディレクトリの変化に応じてすぐに同期が始まります。

Q11. 日曜日にだけ同期するように設定できますか?

A11. はい。特定の曜日や、特定の時刻に同期を開始する様に柔軟に設定することができます。

Q12. 同期の開始や完了を通知してもらいたいのですが。

A12. 同期の開始時・完了時・中断時に、指定のメールアドレスに通知メールを自動送信する設定が可能です。また、ウェブブラウザでアクセス可能な同期コンソール画面から、同期の進行状況を見ることができます。

Q13. 他のソフトウェアと組み合わせることはできますか?

A13. SkeedSyncは同期元や同期先として設定されたディレクトリ(フォルダ)の変化のみを監視して動作しますので、組み合わせたいソフトウェアがそのディレクトリを操作することができれば、組み合わせることができます。

Q14. 前回の同期からの変化分だけを同期することはできますか?

A14. はい。前回の同期時点から内容や属性情報に変更のあったファイルやディレクトリ(フォルダ)のみが同期対象になります。

Q15. Windowsでも使えますか?

A15. はい。SkeedSyncはWindows版およびLinux版をご用意しております。

Q16. 試しに使ってみることはできますか?

A16. 試用版ライセンスをご用意しておりますので、製品ページの「お試し・お問い合わせ」からお気軽にご請求ください。