2005年に創業した当社は、当時世界最先端とも称されたP2Pテクノロジーをベースに、社会のITC促進に寄与することを目的としてスタートしました。SCSKグループに参画した現在においてもその志は変わることなく、いよいよその使命を果たすことの重要性を感じております。
インターネットが社会インフラとして網羅され、クラウドへのシステム移行やIoTの普及さらには働き方改革、企業のDXといったデジタル化の進展が著しい昨今、データ流通はさながら身体を駆け巡る血流のように、不可欠なライフラインとして日々、私たちの生活を支えています。

Skeedの培ってきたアーキテクチャは、高精細な大容量動画ファイルの安全かつ高速な転送から、無数のセンサーチップが発信する小さなログ・データの収集、保管、処理まで多様なレイヤーにおけるネットワークソリューションとして結実し、その技術的先進性は日本のみならず、米国、欧州でも国際特許として認められています。

小さなスタートアップから始まった当社ですが、独自性の高いプロダクトが評価され国内外の多くの企業様でご導入いただき、業務フローの効率化や改善の一助となっていることは社員ともども誇りとするところです。
今後とも、ネットワークソリューションの革新を目指し、なくてはならない国産ベンダーとして鋭意努力してまいります。

どうぞ、引き続きご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

 class=

株式会社Skeed
代表取締役CEO
田財 英喜 / Tazai Hideki