トヨタシステムズ様では、自動車開発の枢要なCAE解析システムのデータファイル授受のソリューションにSkeedSilverBulletを採用。現在、トヨタ自動車様のHPC計算リソースを国内の同社グループに開放しトヨタグループ関連会社計13社にて日々の業務にご利用いただいています。
今後はさらに北米、中国、タイをはじめとする海外のCAE活用拠点への展開を予定されており、この展開と合わせて「SkeedSilverBullet」を新たにご利用いただく予定です。

導入の背景や経緯、効果など詳細につきましてはこちらをご覧ください。

国土交通省は内閣府、総務省、経済産業省とともにスマートシティの取組を官民連携で加速するため、企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省等を会員とする「スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立し取り組んでいます。その一環として同省の運営するサイト内にて「会員・オブザーバーの取組に関する動画」を公開しており、このたび当社のIoT通信基盤「SkeedOz」の活用事例を纏めた動画も紹介されています。

詳しくはこちらのサイトよりご覧ください。

自然災害が多発する山間部や河川流域において事前検知の重要性が高まる中、SkeedOzの短距離メッシュネットワーク技術を活用した事前検知サービス「LANDLOG STAFF LOG」がランドログ社より提供され、注目を集めています。

同サービスの概要はこちら
ご参考:Skeedが参画した「河川堤防の変状検知システム」実証実験はこちら

このたび、国土交通省は同省ホームページにおいてモデルプロジェクトのスマートシティ実行計画を公表し、Skeedの参画する徳島県海部郡美波町「美波町スマートシティモデル事業」の要約と実行計画(概要)も紹介されました。

・モデルプロジェクトのスマートシティ実行計画(トップページ)はこちら
・美波町スマートシティモデル事業の要約はこちら
・同、実行計画(概要)はこちら。

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センターが運用するスーパーコンピューター「富岳」では大量のシミュレーションデータを処理します。そのデータの外部サイトとの送受信環境に、この度、当社の大容量高速ファイル転送ソフトウェアSkeedSilverBulletが採用されました。

株式会社オージス総研は1月25日、同社が運営する大容量ファイル転送サービス「宅ファイル便」で一部サーバーが不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が
流出したと発表しました。(同社発表記事

Skeedは既報の通り、2012年より同サービス事業の有償サービス「宅ふぁいる便ビジネスプラス」において事業協力し、当社の高速ファイル転送技術・モジュールを提供しておりました。

しかし、OEM供給はすでに終了しており、過去においてSkeedが同サービスの顧客情報を取り扱った経緯はなく、また、当社のいかなる顧客情報も共有しておらず漏洩等の懸念は一切ございません。

今回のセキュリティインシデントにおいて、一部お取引先などから心配の声を頂いており改めてご案内申し上げます。

Skeedがけん引する地域課題解決のモデル地区、徳島県美波町がプラチナ大賞ライフデザイン賞を受賞!

イノベーションによる新産業の創出やアイディア溢れる方策などにより地域の課題を既に解決し「プラチナ社会」に向かいつつある、あるいは「プラチナ社会」実現に向けた明確なビジョンや具体的なアクションによる素晴らしい取り組みを始めている自治体を顕彰するプラチナ大賞。
6回目を迎える今年、Skeedとともに「ICT等を活用した地域課題解決による好循環なまちづくり」に取り組む徳島県美波町が、ライフデザイン賞を受賞し、併せて「プラチナシティ」認定自治体として認定されました。

プラチナ大賞に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

SkeedIoTソリューション「SkeedOZ」が、MCPC award 2018において特別賞を受賞!

今年で16回目を迎えるMCPC awardでは、モバイルソリューション、IoT/AIシステムの更なる普及促進を企図し、毎年著しい成果を挙げた事例を顕彰しています。
Skeedは独自のIoTソリューションである「P2P 自律分散処理基盤 SkeedOz(スキードオズ)による“止まらない通信網”」をエントリーし、このコンペティションにおいてサービス&ソリューション部門の特別賞を受賞。IoT 向け自律分散型 LPWA ネットワークソリューションとして高く評価されました。

MCPC award 2018に関する詳細、受賞企業についてはこちらの2018年11月7日のプレスリリースをご覧ください。

徳島県の公募事業において、Skeedの企画提案書が選定されました。

徳島県がこの度、公募型プロポーサルにより企画提案書を募集した「IoTプラットフォームを活用した実証モデル構築業務」において、Skeedが代表提案団体となり作成・提出した企画提案書が採択されました。

人気映画シリーズ「HiGH&LOW」などの映像編集を支える高速ファイルレプリケーションソフトウェア「SkeedSync」の導入事例を公開!!

映画づくりにおいて、映像編集の仕事は膨大な映像素材を相手に2,3ヶ月籠り切りになる過酷なもの。
特に人気映画など大作では扱うファイル容量もTBを超えるものもあり、映像編集技師として活躍しながら心地よい地方の生活との両立を望むことなど距離の制約から困難と思われていました。しかし、SkeedSyncの導入により徳島県上勝町の自然に囲まれながら、ヒット作品の映像編集を見事に体現した事例がここにあります。

詳しくはこちらをご覧ください。