トヨタシステムズ様では、自動車開発の枢要なCAE解析システムのデータファイル授受のソリューションにSkeedSilverBulletを採用。現在、トヨタ自動車様のHPC計算リソースを国内の同社グループに開放しトヨタグループ関連会社計13社にて日々の業務にご利用いただいています。
今後はさらに北米、中国、タイをはじめとする海外のCAE活用拠点への展開を予定されており、この展開と合わせて「SkeedSilverBullet」を新たにご利用いただく予定です。

導入の背景や経緯、効果など詳細につきましてはこちらをご覧ください。

国土交通省は内閣府、総務省、経済産業省とともにスマートシティの取組を官民連携で加速するため、企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省等を会員とする「スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立し取り組んでいます。その一環として同省の運営するサイト内にて「会員・オブザーバーの取組に関する動画」を公開しており、このたび当社のIoT通信基盤「SkeedOz」の活用事例を纏めた動画も紹介されています。

詳しくはこちらのサイトよりご覧ください。

自然災害が多発する山間部や河川流域において事前検知の重要性が高まる中、SkeedOzの短距離メッシュネットワーク技術を活用した事前検知サービス「LANDLOG STAFF LOG」がランドログ社より提供され、注目を集めています。

同サービスの概要はこちら
ご参考:Skeedが参画した「河川堤防の変状検知システム」実証実験はこちら

このたび、国土交通省は同省ホームページにおいてモデルプロジェクトのスマートシティ実行計画を公表し、Skeedの参画する徳島県海部郡美波町「美波町スマートシティモデル事業」の要約と実行計画(概要)も紹介されました。

・モデルプロジェクトのスマートシティ実行計画(トップページ)はこちら
・美波町スマートシティモデル事業の要約はこちら
・同、実行計画(概要)はこちら。

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センターが運用するスーパーコンピューター「富岳」では大量のシミュレーションデータを処理します。そのデータの外部サイトとの送受信環境に、この度、当社の大容量高速ファイル転送ソフトウェアSkeedSilverBulletが採用されました。