基本構成

 class=

 class= 多数拠点に大容量ファイルを一斉に届けたい場合など、P2Pによる多段転送(バケツリレー方式)とマルチパスのPush配信により従来のクライアントサーバー型配信とは比較にならない転送速度を実現※1
 class= 配信先の拠点数が数百、数千と増加した場合にも、配信元の回線やサーバーの増強不要な経済性
 class= 配信先のグルーピングや配信時間帯の自動制御、ほぼリアルタイムでの配信状況表示確認など、運用・管理の煩雑さを解消
 class= 高速伝送プロトコルSSBP※2採用と、配信システムにおける自律経路制御アルゴリズムの広域配信への最適化により、高いグローバル配信性能を実現
※1:配信元の実効帯域と、拠点側の実効帯域が同じ場合、基本的に拠点数分の1の配信時間短縮を実現します
※2:独自開発の高速伝送プロトコルkeedSilverBulletProtocol

特長・メリット

優れたコストパフォーマンス

優れたコストパフォーマンス

  • CDNのような契約流量超過に伴う支払コストの追加発生なし
  • 物理搬送に伴う運賃や手間・工数が発生せず、少ない人員で短時間に、多数の送り先に大容量データを配信
多数拠点への高速配信

多数拠点への高速配信

  • 配信先が増加しても、先進的な多段転送(バケツリレー方式)とマルチパスにより柔軟かつスピーディに同時配信可能
  • 配信拠点数に比例して、従来のサーバー・クライアント型配信との比較優位性が顕著になるスケーラブルなアーキテクチャ
  • 高速伝送プロトコルSSBPの採用によるコンテンツ配信の
    遠距離通信性能を向上
大容量ファイル配信

大容量ファイル配信

  • サーバー、ネットワークの負荷分散により大容量ファイルでも問題なく配信
  • ファイル配信サービスにみられるようなファイルサイズ制限なし
優れた柔軟性と可用性

優れた柔軟性と可用性

  • 配信元と一部配信先のノード間で遮断等のトラブルがあっても、
    他の配信先から柔軟かつ自動的に最適な経路にてファイルを送達
安全・確実性

セキュアな暗号化技術

  • 配信中のデータを暗号化することで通信傍受をブロック
  • 配信先でもキャッシュとして格納されたデータは暗号化
多彩な配信制御・管理機能

多彩な配信制御・管理機能

  • 複数種類のファイルを同時配信したり、
    配信先をグルーピングするなど自在に制御
  • スケジュール設定により、配信時間を自動制御
  • ほぼリアルタイムに配信状況の詳細を表示確認可能

製品機能一覧

主要機能
  • 配信先の拠点間でのP2P通信により配信元のデータ転送量を削減し全拠点への配信時間を短縮
  • 常設の拠点・端末へのプッシュ型配信に最適化
  • 過去の実績や最新の配信状況をもとに効率のいい経路選択と順序の自動計算
  • 過去に配信したファイルやブロックデータのキャッシュを再利用してデータ転送量を削減
  • 配信中のファイル破損の回復や改ざんの検出により配信データの整合性を保証
  • 高速伝送プロトコルSSBPを採用し、遠距離通信性能を向上
機能名称 説明
配信制御機能 配信先指定 配信ごとに、複数の配信先を個別に指定
配信ごとに、配信先におけるファイルの格納先を指定
あらかじめ登録された配信先拠点・端末の中から配信先を任意に選択
複数の配信先をグルーピング指定
配信ファイル指定 特定のファイルまたはフォルダ配下の全てのファイルを配信
配信済みファイルを同じまたは異なる配信先に再配信
時間帯指定 配信ごとに、配信時間帯を指定
設定した配信時間帯に送り切れなかったデータは翌日の同じ配信時間帯に、途中から配信再開
回線帯域制限 端末ごとに利用可能な上りおよび下り回線の帯域を制限
多段転送先制限 多段転送を事前に定められた拠点間のみに通信を制御
セキュリティ 配信経路および配信先のキャッシュを暗号化
管理機能 Web画面から配信の指示操作
Web画面から配信状況や配信履歴を閲覧
配信元から配信に失敗した配信先を検知
システム連携 RESTful APIによる外部システムとの連携が可能
●上記の構成例はご利用される業務の規模、成長に合わせて追加、変更を行うことができます。
●上記価格は自社利用用途に限定したものとなります。

ユースケース

 class=
 class=
 class=

稼動推奨環境

※2020年5月現在
    対応OS
対応プラットフォーム 配信元 Red Hat Enterprise Linux 6 / 7、CentOS 6 / 7
Windows Server 2012 / 2016 / 2019
配信先 Red Hat Enterprise Linux 6 / 7、CentOS 6 / 7
Windows Server 2012 / 2016 / 2019
Windows 8.1 / 10
動作環境 Oracle Java 8 (Java Runtime Environment 8)
  • Windows Server、Windows、Microsoft Edge、Microsoft Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hatは、米国Red Hat, Inc. ならびにその子会社の登録商標です。
  • Mozilla Firefoxは、米国Mozilla Foundation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • macOS、Safariは米国その他の国で登録された Apple Inc.の商標です。
  • Oracle Java, Java Runtime Environment, JDK, OpenJDKは、Oracle Corporation及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • 記載の製品名は各社の登録商標または商標です。

SkeedDelivery™について

 class=

「SkeedDelivery™」の多段転送・経路最適化を実現する技術はこちらでご紹介しています。

技術解説

資料のお求め

Skeed各種製品のリーフレット、解説書などはこちらのページよりお受け取りいただけます。

資料ダウンロード

FAQ

SkeedDeliverに関するご質問をまとめています。導入検討の際にご検討ください。

よくある質問

 class=

「SkeedDelivery™」製品の質問・ご購入・お見積りに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ