徳島県の公募事業において、Skeedの企画提案書が選定されました。

徳島県がこの度、公募型プロポーサルにより企画提案書を募集した「IoTプラットフォームを活用した実証モデル構築業務」において、Skeedが代表提案団体となり作成・提出した企画提案書が採択されました。

人気映画シリーズ「HiGH&LOW」などの映像編集を支える高速ファイルレプリケーションソフトウェア「SkeedSync」の導入事例を公開!!

映画づくりにおいて、映像編集の仕事は膨大な映像素材を相手に2,3ヶ月籠り切りになる過酷なもの。
特に人気映画など大作では扱うファイル容量もTBを超えるものもあり、映像編集技師として活躍しながら心地よい地方の生活との両立を望むことなど距離の制約から困難と思われていました。しかし、SkeedSyncの導入により徳島県上勝町の自然に囲まれながら、ヒット作品の映像編集を見事に体現した事例がここにあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

徳島県知事を交えた意見交換会に弊社代表取締役CEO明石昌也が出席しました。

徳島県では県内の先進的な取組みや活動をされている地域に飯泉知事が出向き、地域の課題や今後の夢、希望など関係者と自由な意見交換を行い、今後の県の施策に活かすことを目的とした「輝け!徳島『わくわくトーク』」を開催しています。
第4回目を迎えた今回は、徳島県美波町にサテライトオフィスを構える当社も招かれ、IoT技術を活用した減災・防災などの取組み紹介を含め、地域と企業活動の関係など他の進出企業とともに様々な視点で意見交換を行いました。

本会の様子はこちらをご覧ください。

徳島県が公募する「リアルタイム水質情報配信システム作成業務」の企画提案にSkeed案が選定されました。

徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究課では,複数地点で海洋観測機器により自動観測している水質情報をインターネットを介してリアルタイムに情報提供するための情報配信システムの開発を目指しています。
本件は公募型プロポーザル方式により募集され、当社の配信システム開発案が選定されました。

高速ファイル転送ソリューションのイメージ動画をアップしました。

本日、SkeedSilverBulletをはじめとする独自プロトコルSSBP搭載プロダクトを分かり易くご紹介した動画をサイトにアップしました。
視聴時間は1分58秒です。どうぞ、ご覧ください。

掲載ページはこちら

経済産業省及びIoT推進ラボの選定する「地方版IoT推進ラボ」に、Skeedと共同でIoT事業に取組む徳島県美波町が選定されました。

経済産業省及びIoT推進ラボは、地域におけるIoTプロジェクト創出のための取組を「地方版IoT推進ラボ」として選定し、ロゴマークの使用権付与、メルマガやラボイベント等によるIoT推進ラボ会員への広報、地域のプロジェクト・企業等の実現・発展に資するメンターの派遣等の支援を行っています。
このたび、平成29年6月23日までに申請があった地域について、申請内容に関するヒアリングを実施し、(1)地域性、(2)自治体の積極性と継続性、(3)多様性と一体感の3つの基準を満たす地域を「地方版IoT推進ラボ」の第三弾選定地域として徳島県美波町を含む21地域が選定されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

株式会社Skeedの会社案内をリニューアルしました。

新しい会社案内(概要資料)はこちらにてご覧ください。

経済産業省HPにSkeedの柴田が委員を努める「ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸整備等に係る調査」が公表されました。

≪掲載サイト≫
経済産業省の掲載サイトはこちら

セガホールディングス様のSilverBullet導入事例を丸紅情報システムズが公開!!

2015年にグローバルで8兆円を超え前年比25%増と成長を続けるゲームコンテンツ市場。巨大なその市場に戦いを挑むセガグループを支える持株会社セガホールディングス様では、市場や顧客ニーズへのいち早い対応を目指すべくグループ内外におけるコンテンツファイルやデータ転送のスピードアップが求められています。
そのネットワーク基盤を支えるツールとして、安定運用と従来比4倍の最大300Mbpsの高速化を実現したSilverBulletの事例が丸紅情報システムズのHPで公開されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

当社高速データ伝送技術を搭載しているかのような紛らわしい情報にご注意ください!

当社高速データ伝送製品は独自の特許技術に基づき開発されております。
弊社はデータ伝送の高速化ニーズの高まりとともに、さまざまな事業者に対して厳格なライセンス契約に基づき技術提供を行っております。

昨今の高速データ伝送ニーズの高まりとともに、多くの事業者が製品・サービスの提供を行うようになりましたが、弊社の特許技術と同様の表示の製品・サービスについて弊社技術が採用されているか否かについてのお問い合わせが増えております。
紛らわしい情報を見つけられた場合はお手数ですが、Skeedまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらよりお願いいたします。